家では四種類の使える機械がある。使えるというのは、メール,Web、オフィスなどがあり、仕事に使えるという意味でだ。ありすぎとは思う。メインはMacBookAir11である。キーボードも打ちやすいし不満はない。このブログ書きを中心として、仕事の関連でも使う定番の機械だ。Nexus7とキーボード、これも手軽なので良く使う。外出するときは、ほぼ必ず持って行く。iPad、位置づけは不明確だが、操作が心地よいので家においてよく使う。それからAndroid Toshiba RegazaタブレットAT300。これは10インチ大画面、HDMIやUSB端子があるので仕事の上で時として重宝するが、今はNexus7に主役を奪われている。

自分で作成したデータはクラウドにある。すなわち、DropboxとEvernoteが同じように入れているので、どの機械でも同様に扱える。以前のように、あのファイルはこちらのパソコンに入っていたから・・というようなことは少なくなってきた。アプリケーションの揃いが、それぞれ若干異なる程度である。そのような時に、どの機械を使うか、少し迷う。贅沢な悩みだ。
それ以外に今ではあまり使わなくなったWindowsの機械は計3台ある。職場ではWIndows8を入れた、やや大型のノートパソコンである。大きいので、持運びはするきがしない。しかし、きめ細かな作業は、こちらでとなる。仕事で関連する他者が多く使っているので、ファイルが読めない、レイアウトが崩れる等と言われないための互換性確保のためにも使用している。
個人業となれば、Windowsはやめ、全面的にAppleにすると思う。ただし、少数派であるがゆえに、困ったときに聞く人が比較的限られるというリスクは負わなければならない。

f:id:Miketoy:20130206072035j:plain