アトピーとステロイド問題について

アトピーとステロイドの問題の理由

□アトピーの原因が一人一人、多種多様、千差万別なのだが、お医者さんがそれを細かく分類できないでいる。
□ステロイドで完治する湿疹と、悪化する湿疹がある。

□内的要因と外的要因
内側からが原因のアトピーと外側からが原因のアトピーが混在。
それだけ•どちらかのみ、だけではなく一人一人、多種多様。その他の要因もあり

主に内側からきているアトピーは、ステロイドでは治らず、むしろ悪化する場合あり
主に外側からの原因でおきているアトピーは、ステロイドで完治する場合がある。

⚫︎内的要因の場合も外的要因の場合も、ひざ、ひじ、また、くびなどの関節に出やすいため、紛らわしく、判断しにくい。


内側からの場合
老廃物などが、関節の皮膚から排泄される場合など

外側からの場合
衣服が擦れやすく汗やあか、シャンプーや化学物質が残りやすい関節からかぶれやすい

どちらも一緒こたに診断するから、ステロイド問題が起きてます。
片方が、ステロイドでは治らない程度ならまだマシなのですが、むしろ悪化するので事態が深刻です。

⚫︎見分け方として。
関節の外側にも湿疹が出ている場合
服が擦れていないところにも湿疹があり血がよく出る、かくと液体がたくさん出る
などの場合体内からきている可能性があります。



□主に内的要因によるアトピー
⚫︎食事療法
上白糖、添加物の除去 市販の菓子、ジュースなどの除去 油脂を変える 素材の陰陽を考えた食事などをする。

⚫︎体質改善 特に腸内環境を整え、良い便が出るように改善。
⚫︎治るのに半年〜数年かかる場合ありなので根気が必要(ステロイドを使うとすぐに治るがまた再発して徐々に悪化したり全身に広がる恐れがあります。
★体内で数年かけて原因ができあがっている場合があるために治るのにもそれくらいかかる場合あり。

□内的な要因により、外的刺激に対するアレルギーが起きている場合
環境の変化などにより、腸内の悪玉菌が増え、それが原因でアレルギー体質になってしまい、服の摩擦やハウスダストなどに対してアレルギーを起こしてしまうことがあります。



□主に外的要因によるアトピー
⚫︎シャンプーや洗剤や化粧品などの化学物質を毎日繰り返し肌に当てていることにより、肌が正常なターンオーバーができなくなっている可能性があります。
⚫︎衣服との摩擦対策 サイズや素材を変えるなど
⚫︎外側からの刺激に強くなるため、反応しなくなるための食事療法
ビタミン、乳酸菌などを摂取
⚫︎体質改善 腸内環境を整え、良い便が出るように改善。
⚫︎ステロイドを使うと早く治る場合あり(筒状の包帯などを、使うと効果的

□要注意:ステロイドを使う場合は必ず、原因となるものを取り除きながら使うことが大切。
それは大抵のお医者さんは教えてくれないので、自分で考えることが必要です。
原因を取り除かずに使い続けると悪化します。
□原因を探して見つけて、排除して、プラスになるものを取り入れるのです。



◎◎唯一無二の自分の身体。
自分の身体は自分が一番考えてあげることが、ステロイド問題を無くしていくことでしょう。◎◎